« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月30日 (日)

イメチェン!?

イメチェン!?
普段の服装はと…。

よくイタリアンチックだと言われます。

ブラウン、グレー系でまとめるからでしょうか。

でも、それだけだと老けてみえたりするので、ホワイトカラーを重ねた下着に用いたり、靴をクリーム系の明るい色にしたり。

おしゃれは男子でも楽しみたいものですね。

楽しめないのは、そこにまわすほどのお金にゆとりがないからかな。

ということで、いつ以来だろうー。高価な買い物をしたのは。←高価とは私基準です。(..)

羊革のジャンパーを購入しました。


驚くべきは、この色。

あとからわかったのですが、試着を勧めた友人は似合わないのを見て、笑ってやろうと思っていたらしいです。

それが、試着してみたら意外と似合ってしまって。

それで、今度は心から勧められて、無事に購入となりました。

でもね、最後まで迷い、購入したのは帰り際。


「今年は新しい自分をめざそう!」


そうテーマを掲げて、いざショッピングへ今日は出かけてきたのです。


言い出した張本人の私が迷い買わずにいるところを、友人たちはカメレオンのような眼鏡やブルーの斬新な靴を次々と購入していく。

結局、欲しさ半分、追い込まれた感が半分で、私は購入したのでした。

「さっそく今から新しい自分でいく!」


そう言葉に出し、横浜中華街へ。

友人たちのお世辞とは思えない似合っている!の一言にのせられて、夕食のお店探し。


目立つせいか、すれ違う人といつもより視線が合う気がします。

そして、栗を売る中国人の方は好意的。
赤い服に仲間意識を感じてくれたのか、栗を半額で売ってくれるとのこと。

わかった、夕食のあとに買うと約束して、再びお店探し。


そして、またあらたな栗売店の人に声をかけられます。

「うん?なに?」


「だから、お兄さん。栗、はんがくでいいから。」


………。

どの店も半額みたいです。


とんだプチ詐欺にあうところでした。(>_<)

次はこの革ジャンを着た写真で、更新します!


なーんてね。(^^)

| | コメント (1)

2011年1月29日 (土)

朝の渋谷は…

朝の渋谷は…
今日も早い時間から出勤しています。

ただいま、マックで充電中!


日中、夜の人波が嘘だったかのように、朝の渋谷センター街は静かな時を刻んでいます。


土曜日だけれど出勤する人々と、徹夜で遊びこれから帰る人々が交差する。


不思議な街です。


まさか、この場所で働くとは想像しませんでした。

ちょっと疲れたりするけれど、仕事もちょっと疲れたりするけれど、毎日はそこそこ楽しい。

ということで、元気にしています。

さあ、仕事がんばってきますね!

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

全国大学ラグビー選手権

全国大学ラグビー選手権
連休の中日は、ポカポカした一日です。


全国大学ラグビー選手権の決勝を観戦に出かけてきました。


場所は国立競技場。

この地は大学生だった頃にJリーグ観戦に来て以来。ナショナルスタジアムということで特別な雰囲気を感じます。

カードは早稲田vs帝京。


いずれも私とは縁のない大学のため熱は入りませんが、ゆったりとした気持ちで見れるのはいいですね。

でも、できれば母校の活躍をみたかったかな。
早々と敗戦してしまったため、しかたありませんが。


さあ、選手入場です。


おおきいー!


これが私の第一声。

とても学生とは思えない体格。
石の固まりのようです。


試合はそんな体と体のぶつかり合いでした。


ものすごい迫力です。
お互いがディフェンスの壁を破ろうとぶつかる姿は、思わず力が入ります。

試合は予想に反して帝京ペース。
残り10分で早稲田がトライ。
ワントライ差まで猛追。

残り5分の攻防は、手に汗握る白熱さでした。


早稲田が帝京の壁を破ろうと何度も突進。
そこを、必死の帝京が破らせまいと歯を食いしばって立ちはだかる。
そんな攻防が続き、ノーサイドの笛。


いい試合を見させてもらいました。
やはり、ライブはいいですね。


気がついたことが2つあります。


一つは残り5分間のように試合にのめり込むと、意識しないにも関わらず応援の声を上げていること。

>普段はこんなに熱く、そして大きな声を出す人間ではありません。

そして、もう一つは観客のスタイル。

帝京ファンは赤い旗を持って固まって応援。
一方の早稲田は、固まらずに全体に散らばっての応援。

これが校風なのかはわかりませんが、気がついたことです。
団結力の帝京。群れない孤高の早稲田。


いずれも私には魅力的に映りました。

欲張りな私。
いずれの良さも吸収しよう。

そんな簡単にできることではないのに…。

もう一人の呆れた自分が呟いています。(^^)

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »