« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年9月18日 (日)

スウィートルーム

スウィートルーム
父親に急用が入り、代わりに東京ドームホテルに宿泊しています。

ラッキーだけど、父親に泊まってもらいたい気持ちもするし、ちょっぴり複雑な気持ちでいます。
でも、楽しんでいます。


部屋はスイートルーム。

初めての経験です。

プロ野球がドームで開催されることもあり、チェックインのロビーは大混雑していましたが、そんな心配が不要なことをホテルスタッフに教えてもらいました。


40階に上層階客室専用のフロントがあるのです。


さすがスイート対応!


実際に行ってみると、フロント脇にはラウンジまでありました。

ここでは、無料でドリンクやフルーツ、ケーキ、パンなどがバイキング形式でいただくことができます。
夜はアルコール類もありました。


さすがスイート対応!

一般人の私には初めての世界が、そこには広がっていました。

客室からの景色も最高!
バスも広い!
シャワールームは、全面透明ガラス!
→慣れていない私には少し恥ずかしかったです…。

接客も近すぎず、遠すぎず、心地よい。


もう、来ることはないでしょうね。
こんな高級な客室には。

でも、この体験は大切にしたい。
父親からの贈り物でもあるから。


経験は一生持ち続けることが出来ます。

そして、この経験は何かに活かさなければと思っています。


仕事、人生観、プライベート。


何かに活かします。


こんな景色のよい部屋から、良い歌詞が生まれるんだ。


きっと…。


B'zの「homebound」を聴きながら思いました。


帰る場所があるって、いいですね。

| | コメント (0)

2011年9月11日 (日)

夏の終わりに。

夏の終わりに。
真夏の中心もどこかに消え、もうすぐ新しい季節がやってきます。


夏は暑いものだけど、暑くていやになる。
でも、消えていこうとするこの時期になるとさみしくなる。

人間って、本当にわがままですよね。

この夏に何か自分は残せただろうか?

自問する今日この頃です。

一生懸命になり、また怠けたり、人を喜ばせたり、人を不快にさせたり。


いろんなことがありました。


この歳になると、仕事以外では自分を叱ってくれる人がいなくなるものです。


逆もそう。


私も人を注意したりすることはなくなりました。


だって、黙っていた方が楽だから…

だからこそ、自分には常に謙虚さを求めなければいけない。
常に自分で自分を見つめていなければいけない。

そんなふうに思っています。


夏の終わりに星ひとつ。


冷たいアイスが、希望と反省を私に与えてくれたようです。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »