2008年10月17日 (金)

昔の生活を思い出す

冷凍いんげんから殺虫剤が検出された事件。

私はその報道を聞いて、またかーと思ったのです。それも比較的軽い気持ちで。

人間って恐い生き物です。そして慣れとは恐いものです。

こう何度も続くとあまり驚かなくなるのですから。

それと他人事という風潮が、昔に比べてより強くなったように思います。

自分が安全であればいい。自分さえ良ければいい。

少なからず、私にもその気持ちはあります。

自己を犠牲にしてでも~。という言葉もあります。

私は自己を犠牲にしてまで、どうこうしようとは思いません。ただ、他の人を思いやる気もちは持ち続けたいと思います。優しく穏やかな心を持った人間でありたいと思います。

事件に直接かかわりがなくても、何も出来なくても、そこから何かを感じとることは出来ますよね。そういう意識って大切だと思います。

今回の事件で驚いたこともありました!

それは、この事件の起きたスーパーのある駅は、私が学生時代から7年ほど生活していた場所だったのです。

懐かしさとともに、少しの恐怖感を覚え、複雑な気持ちになりました。

東京に住んでいると、いろんなことがありますよ・・・。

| | コメント (0)

2007年11月28日 (水)

お礼と感謝

今回の件は、一部の人とブログを読んで下さっている方にしかお伝えしていない、私の病い。

結果が、今日出ました。

肺がんという最悪の事態は避けられました。何かの細菌に感染していることには変わりはないので、もう少し検査は続きますが、死という恐怖からは100%解放されたようです。

心配してくれた皆さんには、大変ご迷惑をおかけしました。

本当にごめんなさい。

心配してくれた方々には、電話にてガンではなかったことを報告させて頂きました。

その時の、皆さんの反応。

「ああ、本当に良かった!」

「良かったじゃないですか!」

「早く大きな仕事、一緒に完成させましょうよ!」

「お祝いやりましょう!」

などなど。

自分のことのように喜んでくれたことが、とっても嬉しかった。

人、仲間に恵まれています。そして、私はこういう人たちに支えられて生きているんだなあ。

改めて思いました。

それにしても、今日の結果が出る数日間。本当に辛かったなあ。人の前ではそんな姿をほとんど見せなかったけれど、死の恐怖、死の可能性に内面は怯えていました。

人前では、凛としていたい。

難しいことですね。

まだまだ、いろんなことを書きたいけれど、それは日を改めてにします。

とにかく、心配してくださった皆さんに、この場を借りてお礼をさせて下さい。

ありがとうございました。

| | コメント (4)

2007年10月30日 (火)

ボディーガードを付けました

今日はボディーガードと一緒。

だから、何事もなく平穏な一日を過ごすことが出来ました。

命を狙われているの?悪いことでもしたの?

ここまで読んで、そんな疑問を感じた人がいることでしょう。

そうです。私、命を狙われています。毎日、悪いことばかりしています。多くの人に恨まれているのです。

なんて・・・。冗談はこの位にしておきましょうか。(^^)

今夜は、ボディーガードを職業としている方と、お食事をしました。

異業種の方、それもなかなか関わりのない方の話は興味深く面白いものですね。

著名人、芸能人からのボディーガード依頼も多いようです。

依頼理由のほとんどは、身の安全性を確保することですが、なかには実際に命を狙われている人もいるそうです。

ここでは、書けないような様々な話も聞くことができ、時間はあっという間に過ぎ去っていきました。

その中から、少しだけ書ける内容のものを記すことにします。

まず、皆さんはボディガードという職種に、どのようなイメージをお持ちですか?

依頼者にピッタリと張り付いている。そんなイメージを、きっとお持ちでしょう。

確かにそうです。

でも、実際は一人ではありません。その人の、その日の行動予定。歩く道から目的地の場所まで。入念な事前調査があり、危険度が高い場合は移動ルートの途中、途中にもボディーガードが配置されます。

プロのボディーガード業とは、例えば出勤において。いつもの道は狙われやすいルートとなります。だから、他に2パターンほどのルートを設定して、そこから最適なルートを選定するわけですが、例えばこんな時はどれを選ぶのか?

ボディーガードがピッタリ付き添った場合

①日常のルート(危険度80)

②新しいルート1 日常ルートの2倍の距離(危険度50)

③新しいルート2 日常ルートの3倍の距離(危険度20)

この3つの選択肢から、皆さんはどれを選びますか?

私は、この質問を受けて迷わず③を選びました。

でも、これはプロに言わせると、ダメ!違うのだそうです。③番は距離が3倍。つまり、いつもの3倍もの時間を要するわけですよね。危険度は飛び抜けて低くはありますが。

ベストは②番です。

50%位の危険度を回避出来るのが、本当のプロ。日常の流れに出来るだけ近づけてあげること。それが、プロの仕事なんだそうです。

確かに危険度は守られる依頼者側にとっても大きな判断基準ではあるわけですが、プロにお金を出して依頼しているわけです。

だから、守ってもらって当たり前。

お客さんに危険度を考慮させて選択させるのは、間違っているとのこと。プロの仕事ではないということでした。

それは言い換えれば、それだけボディーガードという仕事に自信を持っているということ。

プロがなんたるかということを、改めて教えられましたよ。

時には、命に関わる責任の重い仕事。

こういう世界で体を張って生きている人がいるということです。

あまり知らない現実が、今日の話を通して、私が知る現実のものとなりました。

ちなみに、依頼料は1時間当たり10,000円だそうです。

| | コメント (0)

2007年9月27日 (木)

これから歩む道

重要なお知らせです。

といっても、私と面識のある関係者に限ったお知らせですが...。

もう少しで9月も終わります。

2つの企業に身を置いての仕事も残りわずか。

今後の方向性について、軸を置いて働く側の企業のトップと、本日面談をしました。

私の携わる仕事は、半年で結果を残すことは、なかなか難しい仕事。

でも、何度もここで述べたように、今の私に求められているものは過程ではなく結果です。

残念ながら、思うような結果を残せませんでした。

過程においては、この先に繋がる大きなものをいくつも創り上げてきたという自負はあるので、そういう意味では残念。また、やり残したことも多い。

でも、結果を残すというのは、トップと交わした約束。

社員の前でも誓った約束。

だから、私はストレートに伝えました。

「クビにして下さい。」

これに対するトップの言葉は、こうでした。

「あなたに1年半、期待をして投資してきたわけだから、それをしっかり返して欲しい。短期間で結果が出る仕事ではないことは、俺が一番良くわかっている。」

「そんなに焦るなよ。」

ありがたい言葉です。

一社員をここまで大切にしてくれる企業、トップはなかなかいないと思います。

恩返し出来ずに去るのは、私の本望ではありません。でも、約束が守れなかったことに対する責任も負わなければなりません。

この考えの狭間で、どうすればいいのか、悩みに悩みぬいた数日間でした。

今の私の想い、これからの想い。全てトップには伝えました。

そして、結論は出ました。

今回の決断は、企業にとって、私を支えてくれる人たちにとって、最良の決断ではなかったかもしれません。もし、そうであれば、お詫びしたいと思います。

でも、私にとっては納得のいく結論です。

これで、ようやく明日からスッキリした気持ちで、仕事に臨むことが出来そうです。

明日からも、引き続き笑顔で、がんばっていきます!

そして、ブログも続けていきます!

これからも、よろしく!!

| | コメント (8)

2007年5月12日 (土)

1周年過ぎてました。

気持ちの良い日ですね。

外にいても心地よく、家の中にいても流れ込んでくる風が心地いい。毎日このような日が訪れるなら、それだけで幸せな気持ちになれそうですね。

最近は、小さなことで喜びや幸せを感じることが出来るようになりました。

数年前は、些細なことでもイライラしてしまう時期もありました。

少し大人になったからなのかな。

とにかく、今は心が安定しています。そう。自分自身でわかるくらいに。

ああ。

もしかしたら、このブログを始めたことも穏やかな心でいられる一つの要因なのかもしれません。

ここでは、素直な気持ちが表現できる。そして、多くの方からコメントなどで支えてもらっている。

私にとっては、大きなことなのかもしれません。

そう思うと、このブログ、続けていかなければいけませんね。

この記事を書いていて、気付きました。

それは、ブログを開設して1年が経過したということです。

祝1年です!

飽きっぽい性格の私にしては、よくがんばりました。

そして、たわいもない記事に1年お付き合い頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

さあ、これからもがんばって続けていきますよ!

更新がなくなった時は、きっと、私がこの世を去った時だと思って下さい。

そんな高い目標を持って、続けていけたらいいな。

どんなことでも、志は高く持って。

夢は大きく、いつまでも追い続けていきましょう!

小さな頃に願い、それを大人になって叶える。それだけが夢なら、淋しいものです

夢は大人になっても見ることは出来るし、叶えることも出来る。

そう強く信じていきましょう。

ブログを始めて、前向きに考えられるようになったことも、私にとっては大きなこと。

昨晩、喉を潤したトマトビールで今夜も、乾杯といきますか。(^ ^)

| | コメント (2)

2007年2月21日 (水)

警察署を訪れて

警察署を訪れました。

何かやったの!?と思われてしまうと困るのですが、いえいえたいしたことではありません。

転居に伴う変更手続きのためです。

私、過去にある警察機関の中で仕事をしていたことがあるので、少しは一般の方より警察というものについて詳しいと思います。関係していた当時の、警察庁長官なども近くで拝見したことがあります。

ということで、多少の突っ込んだ話は出来ますが、ここでは止めておきます。

さてさて、今日は何を書きたかったかといいますと、窓口の応対の悪さについてです。

つい先日、線路上で轢かれそうになった女性を助けようとして、警察官が殉職されました。

非常に悲しい事件です。

この警察官から学ばせて頂きました。

人のために自らの危険を顧みない、とてつもなく大きな勇気。

これは、警察という職務だけではなく、どんな仕事にも通じる部分があるように思います。

どうしても、時が経てば風化してしまいます。

だからこそ、この職務を全うしようとした強い意志と強い勇気。

そこから、私たちは何かを学ばなければいけないし、これからの人生に活かしていかなければならないことなんだと思います。

あら!?本当は応対の悪さを書くつもりでしたが、こういう文章の流れになってしまったので、記載することは止めることにします。

事件の風化、仕方ないことですが、この事件について少しでも考えてみる時間を人それぞれが持つこと。それが、この殉職された警察官への恩返しなのかもしれません。

心よりご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

がんばってみます・・・。

いつも、皆さんからの大切なコメントありがとうございます。

最近は更新さぼりがちですいません。

こんな状況ではありますが、皆さんから頂いたコメントへの返信もがんばって始めてみようと思います。

この場をお借りしての、決意報告です。

ちゃんと続けられるかな~。

| | コメント (4)

2006年7月11日 (火)

今日のランチは高い!!!

今日のお昼、ご馳走してもらえることになりました。

ラッキー!!

ご馳走してもらえる時って、皆さんはどういうお店を選びますか?

私の場合は、とにかく高額なお店。自分のお金なら、行くことが出来ないような。

だから、味は二の次です。どうせ、次はないだろうし。。。(^^);

ということで、こんな時期ではありましたが、熱い熱いシチューをご馳走になりました。

価格は2500円。もちろん、ごはんが付きます。それと、なぜかお漬物が・・・。

これは、雰囲気が壊れるので、いらないような気もするんだけど。

味の方は、お肉がとろとろで、味に深みがあり、とても美味しかった。もう二度と食べられないと思うと、余計においしく感じる。

シチューの上に水滴がポタポタ。

え~、涙!?

味に感動して?それとも、二度と食べられないだろうっていう寂しさから?

いやいや、違いました。私に共感して、ここまで読んで下さった皆さん、ごめんなさい。

原因は顔から滴り落ちる汗でした・・・。(--)

さあ、気持ちを切り替えて!

明日は、東京ビックサイトで一日を過ごします。そこで、いろんな人にお会いする予定。今から、とても楽しみです。ワクワク。

Ginnoto2_1   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

七夕に想うこと

明日は七夕ですね。

天気予報は雲り。梅雨の時期だから仕方ないんだろうけど、せめて明日だけでも、夜空を見上げることの出来るような、天気であって欲しい。
故郷の空では、天気の良い日は必ず星がキラキラ輝いていた。当たり前のように。

でも、東京は違う。街の輝き、企業の輝きなど様々な分野における輝きが集中した都市。ただ、それとは引き換えに、また他の輝きを失った都市。星の輝きもその一つなんだと思う。
なんだか悲しい気がする・・・・・。
七夕といえば、笹に飾りをつけたり、短冊に願いを書いてつけました。幼い頃に一度は「大きくなったら~になりたい」とか星に願いを込めて書いたことありませんか?
でも最近は、竹やぶも減ってしまい、笹ひとつ手に入れるのも難しくなりました。お店に行けば、プラスチックで出来た笹が売られていますが、雰囲気が出ないし、やっぱり違う気がする。
さてさて、今年はどんな願い事を書こうかな?

歳を重ねれば重ねるほど、現実的な願い事を書くようになってしまった。まだまだ、夢を追いかけられる歳。今年は、小さい頃に見たような大きな夢、書いてみようかな。そして、その夢をもう一度追いかけてみようかな。
みなさんはどんなお願いをしますか?

こんな記事を書いていたら、なんだか叶えてくれるような気がしてきました。織姫と彦星なら。

Tanabata0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

心地よい風が吹いた夜

人で溢れた夜の新宿駅。

先を急いで歩いていると、おばあさんに声をかけられた。なんだか、とっても困っている様子。

「どうかされましたか?」

「ええ、JRに乗りたいのですが、どこから乗ればいいのでしょう?」。

私も急いではいましたが、多少時間に余裕があったので、切符の購入と改札口までお手伝いをさせてもらいました。別れ際、感謝の言葉と共に添えられた、このおばあさんの笑顔が、今でも印象に残っています。喜んでくれてよかった。。。

ちょっとの親切、いや、当たり前のことをしたまでなんだけど、とても心地よい気持ちになれました。

そして夜、3年ぶり位かな。同じ職場で、共に働いていた女性と食事をしました。当時は私が店長で、彼女はそのお店のスタッフ。なんだか、とっても忙しいお店で、彼女を含めスタッフ皆が100%の力を出し切って仕事をしていたような気がする。でも、『お客さんに喜ばれるお店にしたい』という目標は同じだった。みんなが・・・。だから、がんばれたんだと思う。

そういえば、彼女にもいろんなことを言われたよな。耳が痛くなるようなことを。

でも、彼女の言っていることは間違っていなかったと思う。だから、それに対応出来なかった当時の私は、まだまだ未熟だったんだ。

でもね、30人近いスタッフを抱えている職場で、店長という職務は結構大変だったんだよ。みんな、それぞれの考えや感情を持っている。でも、それをまとめあげて、一つの方向へ持っていかなければならない。良いお店にしようっていう、目標にね。

でも、こうやって時が経っても会おうと思う。会って楽しく話が出来る。それは、やっぱり苦労を共にした仲間だからだと思う。だから、苦労することは大事。そこでしか得られないものがあるから。

だからこそ、これからも苦労は進んでしていきたい。自分のためにも。

ブログ、始めるって約束したの覚えてる?楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧