2008年10月 6日 (月)

メガヒットの秘密-20年目のB’z-

NHKスペシャル「メガヒットの秘密-20年目のB’z-」を観ました。

放送されることを知ったのは、1時間前に届いた故郷にいる親からのメールで。

教えてくれてありがとう...。

全体を通して感じたこと。

それは見えないところで努力をしているということ。

出来そうで出来ないことです。

「とにかくやってみる」
自分で壁を作らないことが大事。そうだよね。自分で超えられない壁を作ってしまっているんだよね。

とにかくやってみる。

大事なことだと教えられました。

彼らはお互いを否定しない。アイデアを出したりする時に、「それはないんじゃない?」という否定的な発言は誰もしない。

やってみないとわからないのだから…。

そこから生まれたメガヒット曲もあったとのことでした。

「これからも勉強をしていく。」

このひと言が、彼らの姿勢を表わしています。

B’z20年の活躍の理由は、この言葉に凝縮されているように思います。

全然努力が足りない。

自分が情けないよ。

このままで終わりたくないのなら、もっとがんばらないと。

反省した夜。

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

オーガスタキャンプ2008

オーガスタキャンプに出かけてきました。

今年は10周年の記念公演。

こちらのイベントを知ったきっかけは、スキマスイッチが出演するということから。

彼らは今年別々の活動をしています。

スキマスイッチとして登場するのは、今年においては今日が初めてで最後。だから、どうしても聞きたい。そんな思いで足を運んだわけです。

他の出演者は、山崎まさよしさん、元ちとせさん、スガシカオさん、杏子さん、福耳など。

1330分の開演で終了が2045分。

空調設備のない西武ドームで、この暑さの中で長時間過ごすのはかなり大変なことでした。好きで来ているとはいえ、意識が朦朧としてきます。熱中症にかからないよう水分をこまめに補給しました。

それにしてもいったいどれだけの汗をかいたのだろう?

たった一日で1.5kgほど痩せてしまいましたよ。

まあ、これも夏らしくていいかー。

夏は野外。野外で風を感じながら、ステキな音楽を聴く。

なかなかいいものです。

夏のイベントということで、出演者の多くはノリの良い曲を選択していました。だからこそ、そんな中で聴くバラードは最高でした。

スキマスイッチが最後に選んだ曲・・・。

それは「奏(かなで)でした。

汗を滴らせながら、強い想いをこめての熱唱。

ジンときたのは私だけではなかったと思います。

いい曲ですね。

音楽はいいですね。

次は年末のソロライブに出かけるつもりでいます。

| | コメント (2)

2008年6月20日 (金)

揚琴

中華料理店主催の演奏会に招かれた金曜日の夜。

中国には揚琴と言われるものがあるようで、初めてその音色を耳にすることとなりました。

演奏家は張林さん。中国江南省洛陽生まれで、93年にソニーミュージックより「中国の美音/揚琴」をリリースし、「ステレオマガジン誌」の年間最優秀録音特別賞を受賞。日本と北米大陸を中心に演奏活動を展開している方です。

さあ、演奏が始まりました。

初めて耳にするような、不思議な音色。低音から高音へ。音の激しさ、いや、時にはゆったりとした癒しの響き。

聞き入ってしまうような、不思議な音色でした。

これで、知っている曲があったら、完全にはまっていたかもしれませんね。

セレブと思われる奥様方は、購入したCDにサインを求めていました。張さんも全ての求めに応じていたように思います。

音色といい、楽器といい、ほんと不思議な感じがするのだけど心地よい。そんなひとときでした。

もちろん、お料理も絶品。

次から次へと出てくるお料理は、どれも美味しいのです。はずれがありません。

本物の中華は、こういう味がするんです。

杏子酒の甘さでついつい飲み過ぎました。ほろ酔い気分です。

いいなあ。こういう時間。

次に行なわれるのは9月とのこと。

よし、また行こう!

あっ、でも誘われないと行けないんだ。

誘われるかなあ~。

ちょっと心配になってきました・・・。

| | コメント (0)

2008年5月14日 (水)

B’z LIVE-GYM2008

先日、B’zのライブへ出かけてきました。

私的には、毎年恒例のイベントになっています。昨年は一部の地域限定でしか行なわれなかったためチケットが手に入りませんでした。

だから、2年ぶり。そのせいか、いつもより新鮮な感じがします。

共に足を運ぶ仲間は、毎回異なります。行きたいという友人が多いため、毎年違う仲間と足を運ぶようにしています。そして、ファンとなって帰っていきます。

本日の会場は日本武道館。

伝統ある場所です。

ここが、また良かった。ステージまでの距離が非常に近く、肉眼でハッキリと捉えることの出来る距離。いつもは、スタジアムクラスが多いので『ああ、このくらいの会場もいいなあ。』と思いました。

席も一階席スタンドの最前列。最高の席です。

ライブにおいては、いつもと変わらない熱いエネルギーをもらいましたよ。

彼らは既に40歳を超えているのに、どこにこんなパワーがあるのだろうと驚きます。そして、尊敬します。

やっぱり人並みならぬ努力をしているのでしょうね。

ライブも後半。こんなメッセージを残し、て[光芒]という曲に入っていきました。

前に進むには、何かしらACTIONを起こさなくちゃならない!ACTION起こしても自分の思い通りに行くとは限らないし、前より状況が悪くなることもあるかもしれない。でも必死になっている姿を誰かが見て、希望の光を感じてくれる人が一人はいるかもしれない。
もし誰も見てないとしても、明日の自分、明後日の自分、10年後の自分が見てると思えばいい!!
悔いのない生き方は、ここぞと言う時に必死になる生き方、してみよう・・・。」


心に響いた言葉、そして心に届いた曲でした。

久しぶりに流れた、[夢見が丘]、[GIMME YOUR LOVE

よかったです。涙を流しているファンの方もいました。

さあ、明日から、いや今から、ACTIONをおこします。

↑小さなプリクラの写真が何枚も貼られて、このかたちになっています

| | コメント (2)

2007年12月22日 (土)

GOLDカード

ついに会員証を入手しました。

カードの輝きが普通のものとは、少し違います。

VIPルーム。

部屋の創りがゴージャスで、メニューも通常の部屋とは異なり美味しい?ものばかり。

ただ、一般のルーム料よりも高くつくということ、メニューのプライスがやや高めであるということ。VIPルームの設けられた店舗が限られているということ。

不便な点も多々ありそうで。微妙~。

何か特別な時にしか使用しない。そんな感じになりそうです。

でも、近いうちに一度、利用してみようかな

私が、VIPルームを使うに相応しい人物かというと、これは非常に難しい問題。

私自身はそう思っても、周囲の人間は認めないだろうなあ。

まあ、そんなことを考える前に、最近の曲を少し学習することからですね。異なる曲なのに、同じ曲のように聞こえてしまう。

これ、老化現象の一つですね。

治療法はただ借りて聞くのみ。

この意欲、蘇るだろうか?

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

VIPルーム

時刻は13時を少し回ったところ。

社会人なら午後の仕事を始めたところ。もしくは遅めのランチ。学生なら授業中。

でも、こちらのカラオケBOXからは、歌声が部屋から漏れて聞こえてきます。

この時間から、歌いに来る人って結構いるものなんですね。

のん気でいいなあ。

そんなふうに思ってしまいました。

あっ! お休みで遊びに来ているのかもしれませんね。

すいません。失礼しました。

過去を振り返ると、私も出掛けていましたよ。昼カラに。

当時はランチカラオケというものがあって、食事がついて1時間1,000円。

予備校時代は、ストレス発散のためによく行ったものです。ちょうどその頃、カラオケがブームだったんですよね。

今日はVIPルームを下見させてもらいました。

実際には、その部屋を見ることは出来なかったのですが、それとほぼ同等の部屋を下見させてもらいました。

一般の部屋に比べると、確かにキレイで高級感があります。

今度、ここを使わせてもらおう!っと。

少しは、歌が上手に聞こえるかもです。

こちらのVIPルーム。渋谷にあるということで、有名な歌手がプライベートで歌いに来るらしいです。夜も更けた頃に。

そんな部屋で、一度でいいから歌ってみたいですね。

音響設備なども、一般の部屋に比べると良いようです。

VIPって、いい響きだなあ。

庶民だからこそ持ってしまうこの感覚。

でも、手の届かないものがあるって、悪い気はしない。

届かないからこそ、人はがんばってみようと思うわけだから。

使うことが出来たら、またここで報告しますね。

| | コメント (2)

2007年12月 3日 (月)

スキマスイッチ

先日、スキマスイッチのライブに出かけてきました。

追加公演の最終日。

アリーナは16,000人の聴衆で埋め尽くされています。単独公演でこれだけの聴衆を動員したのは、今回が初めてのようです。

いやいや、苦労しました。チケットを入手するのに。

私は、自身が偏った感性を持たないようにと、比較的いろんなアーティストのライブや、スポーツなどを観戦するように心がけています。

でも、どうしても生で聴きたい!と強く思ったのはB’z以来のこと。

それだけ、彼らに今、惹かれています。

メロディーがとてもいい。

でも、それ以上に歌詞がいい。

恋愛に関する歌詞をメロディーにのせた曲よりは、友人のことだったり、将来のことだったり、自分への応援歌だったりと、そういう曲の方が、私は好きです。

どうしてそう思うようになったのかはわかりませんが、恋愛に関する曲を歌うアーティストが多過ぎます。持ち歌のほとんどがそれという人だって、たくさんいます。

だからなのかなあ。

そう考えると、スキマスイッチは?

意外と多いんですよね。恋愛、男女間に関する曲が。

それでは、どうして好きになったのだろう?前で述べた私の考えが、嘘に聞こえてしまいますね。

その答えは、ライブでの彼らの最後の言葉にありました。

「ぼくたちは、こんな曲があったらいいなあ。こういうときは、こんなふうに思ったりするよね。こんな曲を聴きたいなあ。そう思える曲をこれからも歌っていきたい。等身大のままで。」

彼らは最初、ライブハウスで聴衆0人からのスタート。それが、今回は16,000人。ファンへの感謝の言葉をいろいろと考えたようですが、ありがとうという言葉しか見出せなかったと言っていました。

でも、感謝の想いは、言葉ではなく気持ち。

彼らから聞いた「ありがとうございます。」の言葉には、しっかりと感謝の想いはつまっていたと思います。

そして、彼らはこうも言っていました。

「今を幸せに感じている半面、この先もこの状態が続いていくのかという不安でいっぱい。」だと。

どんな位置にいても、人はいろんな想いに揺られながら生きているということを、感じさせられました。

好きな歌詞を少し記すと...。

¨キミの手を引くその役目が僕の使命だなんて、そう思ってた。だけど、今わかったんだ。僕らならもう、重ねた日々がほら、導いてくれる¨

¨大通りのど真ん中を歩けるような僕じゃないから…。大抵、足元を気にして生きている¨

¨体がただ沈んでゆく。遠ざかっていく空、群青に埋まっていく。僕らもっと色濃く混ざり合えていたなら…¨などなど。

スポンサーが大塚製薬ということで、帰りにオロナミンCを頂きました。

乾いた喉を、潤わせてくれることでしょう。

個人的には、スキマスイッチ。かなりお勧めです。

ぜひ一度、聴いてみて下さい。

| | コメント (2)

2007年10月 5日 (金)

ボイストレーニング

歌を上手に歌えるようになりたい。

そんなふうに思ったことは、皆さんありませんか?

私は歌うことが好きなので、よくそんなことを思います。

歌手の声の訓練として、よくボイストレーニングという言葉を耳にしますよね。やってみようかなと思い、ちょっと調べてみました。

ポイントは腹式呼吸。

呼吸の基本は、空気を鼻から吸って口から吐くこと。おなかに手をあてて、おなかを引っ込ませながら息を出します。次に、吐く息に軽くハーッと声をのせるようにします。声をすぐに枯らせてしまうなど喉に負担をかける人は、腹式呼吸が出来ていないようです。

この腹式呼吸は健康面においても効果が高いようで、リラックス効果が高まったり、お腹を動かすため便秘の改善にも効果をあらわすことがあるようです。

たかが、呼吸と思っていましたが、軽んじてはいけませんね。

確かに、呼吸は人が生きるための大切な手段。

トレーニングを始めてみようかなと思います。ただ、いつまで続くかはわかりませんが…。

忘年会のシーズンまでは、まだまだ時間もあることだしね。人に聞かせられるような歌唱力が身につけたいなあ。

でも、それに併せて少し、最近の曲を覚えるようにしないと。

どの曲も同じに聞こえる症状、これは治さないといけない。

大きな病です。(^^)

便秘改善という意味では、特に女性にお勧めなのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

フェルメール

本日CDが発売されます!!!

といっても、私のことではありません。(^^)

ここ最近、足を運ぶようになったBar。席数にしてカウンター7席、テーブル10席ほどのこじんまりしたお店です。

今夜は、ここを会場に‘fermail(フェルメール)’というミュージシャンのCD発売記念ライブが行われました。

実は、昨晩もこちらのお店を訪れていて、その時にマスターが今夜の席を確保してくれたわけです。

あっ!そうそう。

昨晩、こちらの店内で事件がありました。

その事件というのは、消火器乱射事件。(もちろんニュースや新聞では報道されていません。)

ゆったりした時を過ごしていると、いきなり店内がスモーク状態に!

『おお!ドライアイスによる演出だ。』

いやいや、そんなことはありません。隣の席に座る友人はかなり咳き込んでいます。

それはそうですよね。

粉のようなものを吸ってしまっているわけですから。

この粉は、なかなかしぶとく、長時間空中をさまよっていました。

でも、このくらいでないと、実際の火事の消化には役立たないでしょうね。

その犯人となった女性スタッフは裏で怒られていました。

でも、お客さんが穏健派である私たちだけで良かった、良かった。

争いごとは見たくないですよね。こういうお店で、心地よい気持ちでいる時間に。

お会計の時に、数千円のおまけがありました。

マスター。なかなか気が利くじゃないですかあ。

こちらこそ、ありがとうございました。

さて、話は戻ります。フェルメール。

とっても良かったです。

生の声、生の音。いいですね。

声が透き通っていました。優しい気持ちになれました。

また、機会があれば是非、生で聴いてみたいですね。

ゲストでバイオリニストの栗井まどかさんが共演されていました。

私、無知で申し訳ありません。全く知りませんでした。

でも、この方も実力者のようで、高嶋ちさ子さんが率いる12人のバイオリニストのうちの一人なんだそうです。

そんな方々に生で触れることが出来て感謝しています。

刺激を受けました。

まだまだ、がんばりが足りない。

自分にしかない何か。

持ちたいと思います。

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

全国デビュー

3度目の正直でした。

と言っても、何のことかわかりませんね。

わかるように記すこととしましょう。

私のメッセージが、全国ネットのラジオ局、その番組の中で紹介されました。

某メジャー局のアナウンサーに知人がいて、時々メールでやり取りをすることがあります。

そんな中での、アンケートに答えたものが、今回採用されました。

なぜ3度目なのか言うと、最初のチャンスは街頭インタビュー。そして、それが最初の出会いでもありました。

内容は、都知事選について。

緊張してしまったこともあり、うまく考えが伝わらずあえなく不採用。

度目は、元ジャイアンツの桑田選手の今後についての質問。

これは、なかなか的確な考えが述べられたかと思ったのですが、これも不採用。どうも、自己満足だったようです。

そして、今回の3度目。

質問内容は、福田さん、麻生さんの総裁選について。

私の振り返りでは、さほど気の利いたコメントが出来なかった。まあ、採用されようと思って、答えているわけではないから、まあいいか。そんな軽い気持ちでいました。

そして、一日中、ラジオを聴いていることも出来ません。

だって、そんなに暇ではありませんから。(^^)

すると、こんなメールが届いたのです。

「先ほど、メッセージを紹介させてもらいました。ありがとうございます!」

『え~っ!!!本当に!?』

本当にビックリしました。そして、その後は喜びがこみあげてきました。

3度目の正直は、現実の世界で叶う言葉だったようです。

一般的には、ペンネームというものを使うようですが、考えるのが面倒ということもあり、本名で質問には答えていました。

そうです。

だから、全国に私の名前とメッセージが、数秒間ではありますが、リスナーに流れたということになります。

そう考えると、なんだかニンマリ。

私もいよいよメジャーデビュー!?

そんな転機を迎えたようです。

(勝手な独り言です。あまり気にしないで下さいね。)

さあ、来週は友人たちが、東京に遊びにやってきます。

今から楽しみです。

| | コメント (0)