2009年4月18日 (土)

日が延びましたね。

日が延びましたね。
今日は仕事でした。
休むことも出来ましたが、今日処理しておけば週明けが楽。他の仕事に手をつけることが出来るから。
そう思い、今日は出社しました。

出勤者が少なかったことで集中できたからなのか、仕事ははかどり納得のいく量をこなすことができました。

よし!これで明日はゆっくりと休むことが出来ます。天気がよかったら、どこかへ出かけてみようかな。

本当に今夜はスッキリした気持ちです。なんだかいい気分。

会社を出てみると…。
外はまだ明るい!

日が延びたなー。

まだ群青色をした空を確認することが出来ます。
よりスッキリした気持ちになれました。〓

小さなことに感動でき、気持よくなれる今は心が安定しているのかもしれません。
いつもゆとりのある自分でいたいものです。

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

コンパ

コンパ
先週日曜日の出来事。
合コンというものを久しぶりに行ないました。たまに呼ばれることはあります。でも、人見知りする性格なので積極的に参加することはありません。頻度としては、1年に1回出席するかどうかというところです。
そんな私が、今回は初めてセッティングする側にまわることに。ちょっと自分でも想像出来なかったことです。
でも理由は自発的ではなく受動的。職場の女の子から「コンパしましょう。」と誘われたから。
誘われるのは嬉しいことだけど…。

誰を誘おう?
うーん。困りました。

考えてみて気づきました。思いつくのは仕事関係の人ばかり。ある程度はやむを得ないことだけれど、それにしても交友関係が狭すぎる…。
この狭さっていったい…。

でも大丈夫。
私には故郷に愛すべき友人たちがいました。彼らに参加してもらおう!
早速連絡です。静岡から東京までの日帰りコンパ。快くオッケーしてくれました。彼らにはいつも楽しませてもらってばかりで、楽しませてあげることが普段なかなか出来ないから、これで少しはお返しが出来ればいいんだけど。

コンパの中身はここでは語りませんが、きっと楽しんでくれたことと思います。女の子たちと別れたあと、改めて食事をして、そして六本木ヒルズの展望台へ!
いや、待てよ。一人はお疲れで歩きながら半分寝ています。あれだけ盛り上げてくれたんだから、仕方ないかー。今夜の功労者です。
よし。今夜はこのまま解散しよう。明日からまた仕事だし、これから静岡に帰らないといけないからね。

気をつけて帰って下さい。
今日はみんなありがとう!

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

鱒バーガー

故郷では町おこしの第二段として、鱒バーガーなるものが開発されました。

元日の深夜、売られているお店を発見したので、早速食べてみることに。

さっくりした鱒のフリッターとフレッシュな野菜がサンドされています。

う~ん。味はまあまあ。

からみそとトマトバジルの2種類があります。

ちなみに私はからみその方をチョイス。

冷え切った体を温めるのには、良い選択だったと思います。

率直な感想としてはこれで町おこしは少々難しいように思うけど、チャレンジする姿勢は

見習うべきところありです。

新年2日目にしてチャレンジ精神を忘れるところでした。

人は忘れっぽく、弱い生き物ですね。

今年は自分に勝たないとです。

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

アスコットタイ

秋はおしゃれの季節ですね。maple

皆さんは、おしゃれを満喫していますか?

どこか他人とは違う、個性を持っていたいとは誰もが思うことです。

私は過ごしやすい季節になると、アスコットタイを時々オシャレアイテムとして着用することがあります。

アスコットタイとは...。

タイと言う名前の通りネクタイの一種で、イギリスのスカーフ状のネクタイのことです。もともとはイギリスの競馬場などでよく見られたようですね。

結んだ形がちょっとセミのように見えるため、日本ではセミ形ネクタイと呼ばれたりもします。セミ型ネクタイなんていうと「アスコット」はセミのこと?と思いがちですが、そうではありません。

イギリスの地名で有名な競馬場の名前です。アスコット競馬場1850年ごろ流行り出したネクタイだから、アスコットタイといわれるわけです。今から150年も前の話です。

あまり着用している人を見かけないから、私は好きなのかもしれません。

人と同じことをしても、あまり面白くありませんよね。

ただ、欠点もあります。

マフラーと同様に首に直接巻きつけることから、着用は涼しい季節に限られるということです。

それと、マフラーと違ってあまり取ったり着けたりするものではないので、慣れないうちは気になって肩が凝ることもあります。

メリットがあれば、デメリットもあるということです。

おしゃれをするというのも、簡単なことではありませんね。

女性はもっと大変なのでしょう。

頭が下がります。bearing

| | コメント (0)

2008年9月30日 (火)

秋ですね。

柿がスーパーで普通に見られるようになりました。

糖度は15%と表示されています。何%が甘いのか甘くないのかは、普段自ら買うことのない私にはよくわかりません。

でも、最近は消費者にやさしいお店が多く、目安となる表示がされていました。

15%。

評価としては甘い柿のようです。

16%を超えると、とても甘くて美味しいみたいですね。

甘い柿は美味しいです。でも、買ってまで食べようとは思わない果物です。

うーん、どうしてだろう?

個性が弱いから?みずみずしさが足りないから?本当に美味しいものを食べていないから?

あっ!子供の頃は近所の人からいっぱいもらっていたからだ。柿はもらうもので、買うものではない。

そう子供の頃に教えられていたからなのかもしれませんね。

そのような近所付き合い、今では少なくなりました。そして、柿の木も昔ほどは見なくなりました。

時代はどんどんと変わっていきます。

でも柿はいいね。

秋を身近に運んできてくれる果物だから。

| | コメント (1)

2008年9月28日 (日)

スタバ株主優待券

スターバックスのドリンク無料券を頂きました。

このチケットのすごいところは、メニューの中のどれを選んでもいいということ。オプションもつけ放題であるということです。

まさしくプラチナチケット。lovely

では、どのようにすればこのチケットを手にすることが出来るか?

簡単なことです。

株主になればいいのです。

と、簡単に言いましたが、購入するにはお金がかかりますよね。

物価の高騰、給与の伸び悩みが叫ばれる昨今で、日常生活以外に使えるお金は限られています。株に手を出すなんてなかなか出来ないことです。

はい。

このチケットはいただきものです。

ありがとうございます。大切に使わせて頂きますね。

都心部では歩いていれば見つかる。そんな感じのスタバですが、地方に行くと人の集まる限られたところでしか見つけられません。

車社会の地方では、カフェという業態はなりたたないということなのでしょうね。

そういえば、地方に車で仕事に出かけたとき、わざわざ車を停めてコーヒーを飲もうって気持ちにはならないなあ。

車内で缶コーヒー。

それで十分。

| | コメント (1)

2008年9月27日 (土)

入間アウトレット

埼玉

入間市
にある三井アウトレットパーク出かけてきました。

故郷の友人たちが行くということで、無理矢理?呼び出された感じです。

現地集合。

私は

入間市
駅からバスで現地へ。所要時間は約15分。

バスに乗車して思ったこと。それは客層が女性。それも若い女性が多いということです。

バスは満員になりましたが、乗車客のほとんどが女性。男性は3名程度。そのうち2人はカップルです。男性で一人ぼっちは私だけ・・・。

電車で言えば女性専用列車といった雰囲気です。

男性が少ないせいか香水など女性と思われる香りが車内を包み、なんだか優雅なひとときのバスでの旅となりました。

さて、バス停に到着です。

友人たちとはココで待ち合わせをしています。

そこで目にした光景はというと・・・・。

まぐろ二体。

芝生にアートとして作られたベンチ。そこに寝そべっているではありませんか。

私、思わず他人のふりをしてしまいましたよ。(^^)

人は集団になると怖いものです。一人で出来ない行動が出来てしまう。

いや、今日の友人たちなら一人でもやっていた行動なのかもしれません。

さてさて、気を取り直してパーク内へ。
日本最大級と謳われている施設ですが、あまりそれは感じることは出来ませんでした。
何かを買うといった目的がなかったことが、そう思わせたのかもしれません。
土曜日なのでパーク内は思ったより空いていました。列が出来ているといえばタリーズくらいなものです。

私の感想はというと・・・。

「御殿場プレミアムアウトレットのほうが好き!」

緑が豊富でなんだか雰囲気がいいんですよね。店舗数もこちらと同じくらいあったような気もするし。

でも、友人の中には南大沢のアウトレットの方がいい!という者もいて。

結局は大きいからいいというわけではないんですよね。

人の好みはいろいろ。ということを改めて感じさせられました。

自分の持つ感覚は一般的なものと思いがちですが、必ずしもそうではないということを常に意識している必要があると思った一日です。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

同期の笑顔

同期の笑顔
同期入社の仲間と食事に出かける機会が増えました。いや、増えたとは言えませんね。これまではほとんどゼロに等しかったわけだから。
転勤したことも知らず、結婚したことも知らず、子供が産まれたことも知らず。社会に出ての同期はこんなもの、希薄なものなんだと思っていました。つい最近までは。

その思いに変化が生じたのは勤務先が近くなったことがキッカケです。グループ会社であるため、入社して早々にそれぞれが別の会社へ配属となりました。入社研修で合宿までして築いた同期の仲は、それを機にまた疎遠なものへと変わっていきました。
それが再び同じビルの中で仕事をすることとなって…。再び接する機会が持てるようになりました。

気づいたことがあります。
それは、同期とは入社した頃の距離感にすぐに戻れるということ。そして、本音で飾らずに語り合えるということ。
職場の同僚とは何かが違います。スーッと近づくことの出来る距離感。これは同期としか共有出来ないもののような気がします。

早速飲みに行こう!
私が声をかけました。一人、笑顔をなくしてしまっている仲間がいたから、元気づけようと思って。
スタートは19時。解散は翌日の10時。最後は公園で語り合いました。
「俺たち、まだこんな元気があるんだね。」
お互いが口々にそう言っていました。
若さを再認識です。(^O^)

今夜はまたそのうちの一人と、もつ焼きを食べながら盛り上がっています。
店にないメニュー。
しまちょうに脂膜のようなものを巻いてもらいました。
しかし、網にのせると炎上です。
お店の人も、私たちも、皆で笑いました。
なんだかとても楽しい時間。

| | コメント (2)

2008年8月15日 (金)

利きビールコンテスト

故郷の友人たちとワイワイやっています。

ちょっと高いお店ということで、中には最初から丼ものでお腹を満たそうというものもいます。

ミニうに丼を注文した彼。

でも、彼は本当に空腹を早く満たそうとしているのか?

他の仲間は疑いの目を向けていました。

というのも、もともとミニ丼で足りるような胃袋の持ち主ではありません。ミニなのに価格は1,260円。

ただ、単に美味しいうにを食べたかったように思うわけですが・・・。割り勘なら食べたもの勝ちですものね。(^^)

そんなこんなで楽しい時間を過ごしています。そして、その合間にお店主催の利きビールコンテストが行われました。

5つのグラスに注がれたビールの銘柄を当てるというものです。

結果、正解は5問中3問でした。

上出来な方だと思いますよ。

ほろ酔い気分で味覚があいまいとなっている私に、答えを求めようとする仲間が間違っています。

「今、飲んでいるビールと同じものなら当てられるでしょ!」なんてプレッシャーをかけられ、私はキリンラガーと同じものを必死に探しました。最終的にはDのグラスとEのグラスに絞るところまではいきましたが、最後の選択で間違えてしまったみたいです・・・。

ココを当てていれば、全問正解だったのに。

う~っ。

非難の視線は私に集中。

単なる酔っ払いというレッテルを貼られてしまいました。

ちなみに全問正解は地酒1本が無料となります。

3問正解だと枝豆一皿。

逃した魚は大きい。

やっぱり一番にならないといけません。一番にならないと得られないものが、そこにはあるということですね。

人生における教訓を、宴の席で学んだようです。

次の機会までに、もう少し味覚を鍛えておこうと思います。

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

夏の音色

セミというとヒグラシ。

あの夏の夕暮れに泣くちょっぴり悲しい泣き声には風情を感じます。

まもなくやってくる夏季休暇には、ヒグラシに会うため山へ出かけようと思っている私でありますが・・・。

あっ、そうそう。

夏を感じる音といえば、もう一つありましたね。

風鈴。

リーン、チリーン。

猛暑の中でも、風に揺られ清涼感ある音色を奏でてくれます。

癒しの音色という扱いでCDでも販売されていますが、やっぱり本物の音は違います。

本物を、間接的なもので感じられる世の中になりました。これは、とても便利なこと。

でも、本物はやっぱり何かが違います。

だから、面倒でも、少しお金がかかっても、直接自分の肌で感じるべきだと思います。

風鈴、見つけるのに苦労しました...。

この写真で、少しは私のブログも夏らしく、そして涼やかになったでしょうか。(^^)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧